おすすめ商品
売れ筋商品

気になる木の話

お役立ち情報

店長ブログ

モック店長

お子様が木のおもちゃで遊ぶ年齢が過ぎても、捨てられない愛着のでるおもちゃを選びたいですね!

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
携帯サイトQRコード
http://sakai-toys.jp/
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

間伐とは

森の中に光が差し込むよう、木を間引いて木と木の間隔を開ける作業を「間伐」と言います。 木が成長すれば森は必然的に込み合います。込み合えば太陽の光が入らなくなり、植物の成長過程において必要な光合成活動が出来なくなります。
その結果養分が行き渡らない、もやしのような細い木の林になってしまいます。

出典:林業白書 平成18年度版
間伐前

【間伐前】

間伐後

【間伐後】

間伐が適切に行われない森林では、林内が暗いことから、下層植生が生育できず、地表面が露出し、降水によって土壌が流れやすくなる。このような森林は、公益的機能の良好な発揮が期待できない。 間伐により、下層植生の生育が促されるとともに、植栽それぞれの根の張りも強くなり、土壌の流出も抑えられる。適切な手入れが行われたこのような森林では、公益的機能の良好な発揮が期待される。

なぜ間伐 を行うのか

若い森林は成長が旺盛で二酸化炭素の吸収能力もありますが、年数を経過すると成長が衰え、二酸化炭素の吸収も弱まります。
こうした老齢な森林になる前に伐採してその恵を頂き、木材の有効活用をするとともに、また植林を行う事により成長が盛んな森林を育てて行くのです。

間伐がされず放置された森林は・・・

  • 幹が細いもやしのような林は、風雪等の被害を受けやすくなります。
  • 根がしっかりと張れず、山崩れを誘因する場合があります。
  • 林内に光が当たらず、下草などが生育できず、水源のかん養や水質の浄化に影響を与えます。
  • 表面を流れる雨水によって土砂災害がおこる場合があります。
  • 枝が枯れ上がり、光合成を通じた二酸化炭素の固定が十分にできなくなります。

間伐を行わなかった森と行った森

出典:林業白書 平成10年度版

上図を分かりやすく説明する為、例えば1ha(100m四方)に3000本植林したと想定します。

【第1次間伐】
10〜20年後に間伐を行い、1ha あたり2000本まで切る。この時切った材は直径8〜13cm程で、当社製品では『木かべ』や『靴脱臭用セラミック炭』等に利用される。
【第2次間伐】
樹齢30〜40年で間伐を行い、1ha あたり約500本まで切る。直径12〜25cm程になり、芯材は材木として利用され、当社製品では『割箸』や『押し寿司器』等に利用される。
【主伐】
樹齢60〜80年で間伐を行い、1ha あたり0本まで切る。直径20〜30cm程になり、芯材は主に住宅などの柱として利用され、当社製品では『まな板』や『風呂イス』等に利用される。
【植林】
再び、木の苗木を1ha(100m四方)に約3000本植林する。以降、間伐と植林を繰り返す。

間伐した木を運び出すには林道の整備や運搬費など莫大なコストが掛かりその多くが「切り捨て間伐」として山中に放置されたまま。木の有効活用を妨げるだけでなく、山中で腐ってしまった間伐材からは二酸化炭素が発生し、温暖化の原因にもなります。

当社の役目は間伐材や端材を用いた商品を開発し、販売することで間伐材の有効利用に繋がると考えております。


気になる木の話