おもちゃ選びのポイント

0歳:
あおむけ・
首すわりのころ
あおむけが中心の0歳からの時期、小さな動きの中でしっかり成長しています。2cmほどの玉がようやく握れるようになると握力を鍛え始めます。また、追視が始まり、視力の訓練もひそかに始まります。 ■明快な色
■曲線や丸い形
6ヶ月:
はいはい・
おすわりのころ
はいはい・おすわりの始まる生後6ヶ月頃の時期、転がるものや音のするものに興味が向かいます。はいはいを 促すように 転がるおもちゃや 引っ張るおもちゃで遊んであげます。  ■明確な色
■握れるモノ
■振れるモノ
■動きのあるモノ
■やさしい音
1歳:
よちよち歩き、
片言しゃべりのころ
1歳頃の時期、手足が思うように動くようになり よちよち歩きが始まります。また、この時期手の動きは、「にぎる」から「つまむ」にレベルアップ。乗用玩具にも乗ることが出来、積み木などでコミュニケーションを取りながらの遊びにも積極的に参加します。 ■指をあてたり、叩いたりするモノ
■体を使って動かすモノ 
2歳:
赤ちゃん卒業のころ
2歳頃の時期、動きもかなり活発になります。有り余るエネルギーは外遊びで十分に発散させてあげます。そうすることで室内遊びに落ち着きができ、室内で体力以外の成長を促すことに繋がります。この時期、屋外・屋内バランスよく過ごさせてあげることが大切です。 ■手と目の連携を深めるモノ
■家事ごっこができるモノ
■高く積み上げて遊ぶモノ
3・4歳:
社会性のめばえ、
友だちと遊ぶころ
3〜4歳頃の時期、社会性が芽生えてきます。社会に馴染む準備がそろそろ必要。身近な大人(おかあさんなど)の真似から始め、絵本や物語などから想像し「ごっこ」遊びに発展します。絵本や語り聞かせは大切で子どもの発想を豊かにし、相手を思いやる心も育ませます。 ■簡単なゲーム性のあるモノ
■自由に作り上げるモノ
5・6歳:
手先が器用に、
創造力も発達
5〜6歳頃の時期、手先の器用さ、運動機能、集中力などかなり発達してきます。集中力を必要とするあそびや、共同であそぶゲームなどで緊張やリラックスを体感させることが、勉強がスタートするこの時期、成長のバランスをとるために必要です。